販売の達人

売れる販売員の心得

好感度接客を身に付ける

お客さまに好感を持っていただけるようになるには、何と言っても”笑顔”で挨拶をすることです。繁盛しているお店は「明るく、キレイで、元気が良い」と決まっています。お店や商品が良いことも当然ながら大事ですが、一番大切なのは、販売員が明るく、元気に笑顔で挨拶出来ていることです。

また、挨拶一つにもこだわるのがプロでもあります。素晴らしい挨拶をするポイントは、「声の大きさに留意する」「”ながら”挨拶をしない」ことが必要です。「声の大きさに留意する」では、お客さまに届かないような小さな声では意味がありません。逆に、大きすぎる声でも、お客さまの商品選びを邪魔するだけです。常に、お客様側の立場になって考え、心地よい声のボリュームを心がけましょう。

「”ながら”挨拶をしない」では、商品を片付けながら、書類を整理しながら、では、絶対にお客さまに心はお伝えできません。挨拶をする時は、しっかりと挨拶に集中して実施するようにしましょう。

「挨拶の言葉を工夫する」では、『いらっしゃいませ!』だけではなく、『こんにちは』と付け加える、『寒い中、ご来店ありがとうございました』など、少しでも構わないので言葉を工夫することで、お客さまの印象がいつも以上にアップします。

また、プロの販売員ならば、笑顔の達人を目指しましょう。笑顔は意外と自然に出てこないものです。常日頃から笑顔を心がけることで、いつでも・どこでもプロの笑顔で接客をすることが出来るようになるのです。また、笑顔が自分の気持ちを楽しくすることも出来るのです。そして、販売員が楽しく、イキイキすれば、その波長は周りにも伝わり、お客さまもあなたのファンになっていただけるようになるのです。

※この項目については、接客販売スキルアップ研修「プロフェッショナルコース」にて詳しく学んでいただけます。


Copyright© 2008 人材派遣求人情報 販売員求人「販売の達人」〜関西版〜 . All rights reserved.